「糖質ゼロ」と「ビタミンC」で長生きできる健康なカラダをつくる!

最新著書『断糖のすすめ』は、Amazon.co.jp にて「食事療法」「高血圧」「糖尿病」書籍部門で第1位!!

がん・脳梗塞など、ほとんどの現代病の原因が「糖質」!?

現代の日本人は、多くの病のリスクに直面しています。

特に深刻なのが「がん」です。

日本人の約2人に1人が何らかのがんを患い、3人に1人ががんで命を落としています。

そして一般的な抗がん剤治療や放射線治療では、
完治は困難をきわめるというのが現在の医療界の状況です。

しかし、実は日本人のがん治療がなかなか成功しない一因に

「日本人特有の食生活」

が大きく影響していると考えられています。

がん細胞は、主にブドウ糖をエサにして成長します。
ブドウ糖というのは、ご飯やパンなどの炭水化物に含まれます。
がん治療をする一方で、普段通りの食生活を進めた場合、

「がんを退治する一方で、エサを与え続けている」

というおかしなことになってしまうのです。

日本人は「1日3食しっかり食べる」ことを教えられて育ってきました。
そして、その3食の食事の中心にあるのは、ご飯やパンなどの炭水化物です。

しかし、これは明らかに糖質の過剰摂取になります。

糖質は、人の運動に必要なエネルギーです。
しかし、あなたが肉体労働をしていたり、スポーツ選手でない限り、
一般の方が日常生活を送る上では大量の糖質は必要ありません。

むしろ、過剰に摂取した糖質は「害」でしかありません。

過剰に摂取した糖質は、体内に蓄えられ、脂肪になるだけです。

西脇俊二

がんだけでなく、糖尿病高血圧梗塞心筋梗塞のリスクを高め、
肥満になる原因になったり、集中力の低下など脳の機能を低下させます。

また、糖質を制限することによって、精神も安定します。
炭水化物は交感神経を刺激し、緊張状態をつくり出します。
これがイライラや短気、精神不安を呼び起こすのです。

イギリスの刑務所では、この考え方を応用し、
刑務所内で頻繁に暴力事件が発生したときに
受刑者に与える食事から炭水化物を抜いたところ、
暴力事件が劇的に減少した
という報告があります。

そして、この病気になりにくいカラダをつくる食事法を
提唱・普及しているのが「末期のがんも副作用なく治療する病院」
ハタイクリニックの院長を務める、西脇俊二氏です。

精神科医師、精神保健指定医、認定産業医。
日本アーユルヴェーダ学会上級教師。弘前大学医学部を卒業後、国立国際医療センター精神科に勤務。
その後、数々の医療機関への勤務を経て、2009年に東京・目黒のハタイクリニックの院長に就任。
漢方医学やアーユルヴェーダ医学、超高濃度ビタミンCや糖質制限の食事療法などを用いて、がんやその他の難病の治療を行なっている。
『僕の生きる道』『相棒』『ATARU』など、数々のドラマの監修も担当している。
著書『ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える』『断糖のすすめ〜高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

食事量を変えずに、3ヵ月でマイナス17kg!

糖質を制限した食事療法は、ダイエットにも効果があります。

西脇院長も、この糖質制限療法を自身で実践したところ、
なんと3ヵ月で体重が17kg も減ったと言います。

ご飯などの炭水化物を抜くというと、
ムリのある減量だと思われる人もいるかもしれません。
しかし、そうではありません。

その3ヵ月の間、西脇院長は食事量を変えていません。
ご飯やパンなどの炭水化物の代わりに、たんぱく質が豊富な
肉などを食べ続けながらもダイエットに成功したのです!

実は、糖質というものは炭水化物だけでなく、
多くの食品に含まれている成分です。
つまり、ご飯やパンなどを食べなくとも、
1日に必要なエネルギーは十分に摂取できるのです。

摂取した炭水化物は最終的にブドウ糖となって
エネルギーとして利用される以外は
中性脂肪を経過して、皮下脂肪内臓脂肪となって
あなたのカラダをどんどん太らせていき、
多くの病の原因となってしまうのです。

ですので、

今すぐにでも、あなたの食生活を見直して、糖質を過剰に摂取するのをやめる必要があります!

そして、このページをここまで読んで頂いたあなたに、
今日から「糖質カットの生活」が実践できるように
プレゼントを用意させて頂きました。

「どの食品が危険なのか?」「どんなものを食べればいいのか?」がわかる!がん・糖尿病・肥満を予防できる糖質カット食事法PDF
※ご登録頂いたメールアドレスには、今後、西脇俊二院長が開催するイベントなどのご案内をお送りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承頂きますようお願い申し上げます。
※ご登録頂いたメールアドレスはいつでも購読解除できますので安心してご登録くださいませ。届いたメールマガジンに掲載されているURL から簡単に解除することが可能です。

がん予防・治療には「超高濃度ビタミンC」が有効!

「糖質ゼロ療法」は、がんの予防や治療にも効果を示しています!

がん治療の場合には、糖質を制限することに加えて、
超高濃度ビタミンC点滴と組み合わせることがポイントになります。

糖質を制限しただけでは、
がん細胞のエサを断ち、遅くするにすぎず、
治療には、がん細胞を死滅させる必要があります。

そのために有効なのが、超高濃度なビタミンCです。

超高濃度ビタミンCががん細胞を攻撃!

この超高度ビタミンC点滴による治療法は
すでにアメリカでは、アメリカ国立がん研究所や国立衛生局が発表し、
3万件以上の実例がある、副作用も発生しない体系化された治療法です。

しかし、残念ながら日本でこの治療法はいまだにほとんど普及していません。

この治療法は、ただビタミンCを摂取すればいいわけではありません。
食べ物やサプリによる摂取(経口)では効果が出ない、特殊な治療法です。

今後、この治療法を全国に普及するためにも
西脇院長によるセミナーや講演会などを開催する予定です。

セミナーや講演会について知りたい方は、下記のフォームにご登録頂ください。
開催が決まりましたら、メールマガジンにてお知らせいたします。

Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp
※ご登録頂いたメールアドレスはいつでも購読解除できますので安心してご登録くださいませ。届いたメールマガジンに掲載されているURL から簡単に解除することが可能です。