アスペルガー・自閉症などの症状を治していきたい…

周りとの人間関係を良くするために知っておきたい……
アスペルガー症候群に見られる症状
相手が話している会話の行間をくみ取れないことがある 新しい環境に対して極度に不安を覚える 急な予定の変更やアドリブに弱い 同時に2つ以上のことを頼まれると軽くパニックしてしまう 仕事や旅行にいくときに極端に荷物が多い 独り言を言うことがある 偏食だったり、自分で決めたルールにこだわりが強い

もしこれらの特徴に少しでも思い当たることがあるならば、
時間をつくって、このページを読んでいって欲しいのです。

なぜなら、あなたが今からお話しすることを
このまま知らないで生きていくと大変なことになるかもしれないからです。

どんどん自分が変な人間だと思ってしまい苦しんでしまう…… 周りの人の考えていることがうまく理解できない…… 周りから「変な人」「失礼な人」と思われ社会的に損をする…… 丁寧に話したつもりが相手から「失礼だ」と怒られる…… ストレスからうつ病や強迫性障がいを発症してしまう……
ほとんど笑わない? 人と視線を合わせることができない? 人と会話ができない?

実は、こうしたあなたと同じような悩みを抱えている人が日本で増え続けています。
なんと日本人の2%から2.5%、約300万人が該当すると言われています。

「アスペルガー症候群」と聞いて、
あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか?

こんなイメージがあるかもしれません。

周りの人と全然会話もしない、変人と呼ばれるような人を
アスペルガーと呼ぶ人もいますが、これは重度のアスペルガーの典型的な症例です。
そして、このレベルであれば明らかに症状が出ているので逆に対処のしようがあります。

むしろ、問題になるのは、
アスペルガーの特徴には全部合致はしないが、
部分的にそのような症状が出るケースです。
こういったケースを「隠れアスペルガー」と呼びます。

あなたは「アスペルガーではない」と言い切れますか?

イメージ

たとえば、こんなケースが考えられるかもしれません。
他人と会うのはむしろ好きだし、飲み会などに誘われるのは嬉しい。

でも、自分からは友人・知人をなかなか誘えない…
「嫌がられないかな…」なんて不安がよぎってしまう…

よくいえば相手のことを気遣っている、とても良い人です。

しかし、その一方でこういう風に捉えることもできます。

相手の考えていることを正確に読み取れない

もちろん、他人の考えていることを正確に読み取るということは難しいことです。
しかし、ちゃんと相手との関係が築けていれば、
相手を誘ってよいかは簡単に判断ができるはずです。
もし、こういったことができていないのであれば、
アスペルガーの特徴でもある「周りの人の思考を読み取ることが苦手」なのかもしれません。

他にも、相手が話していることから急に話題を変えてしまうことが多いのであれば、
それもアスペルガー症候群の予備軍かもしれません。

アスペルガーの傾向がある方は、特定の分野に興味が偏る傾向があり、
会話の話題が自分の興味の範囲から逸れた場合、
興味が持てず、 いきなり話題を変えてしまうことがあります。
しかし、本人にとっては普通の行動なので、自覚も少ないようです。
もしあなたの身の回りや家族にこのようなことをする人がいれば
一度アスペルガーを疑ってみるべきかもしれません。

イメージ

このような「生きづらさ」を感じている人は意外と多いのではないでしょうか?

アスペルガーと聞くと、何か難しい病気のように思って人もいるかもしれません。
しかし、それは違います。重度の場合は、医師に相談するなどの対応も必要ですが、
そうでなければ「少し特徴的な性格である」という捉え方で問題ありません。

むしろ一番危険なのは、
自分にアスペルガーの傾向があることを自覚していないパターンです。

自分の性格を知らないまま、生活の中にある「生きづらさ」を仕方ないと思っていると、
それがストレスとなって、身体や心に異常をきたしてしまうことがあります。
そこからうつ病を発症することさえあります。
ですから、そうなる前にアスペルガーについて正しく理解しておくことが大切です。

周りの人とのコミュニケーションに悩みを抱えている 対人関係がうまくいかないことがある ひとつの物事に異常に執着してしまうことがある

こういった「ささいに思える悩み」も放っておくと…

仕事の中で重大な問題を起こしてしまい人生に狂いが生じる 家族や親せき、同僚の中で孤立し、うつなどの精神病を発症する 周りの人からの評価が低くなり、出世などに影響が出る

といった問題も起こってしまいます。

ここでアスペルガーを放っておいた結果、どんな問題が起こってしまったのか
実際のケースをご紹介したいと思います。

隠れアスペルガーに悩んでいた方々の例

イメージ

一流出版社の雑誌編集者として活躍している独身女性のAさん。
仕事をテキパキこなし、周りへの気配りも完璧。しかし、そんな彼女にも悩みがありました。
それは「人に対して異様に緊張してしまう」というもの。インタビューなどでも「こんなことを聞いたら怒られるかも…」と思い、思い切った質問ができません。
そんな彼女の私生活を聞いてみると、これまで付き合ってきた彼氏は全員ダメンズ。暴力や浮気をされてもダメンズばかり好きになってしまうそうです。 これもアスペルガーの特徴に合致します。
アスペルガーの人は無意識のうちに劣等感を抱えており、他者に受け入れてもらいたい欲求が裏返しとなって、こういった恋愛依存などを現れる場合があります。

職場環境が変わって、仕事が苦しくなった…

イメージ

東証一部上場の医療機器メーカーの社長Bさんは、
技術職の出身で20数年、機器の開発に携わりながら楽しく仕事をしていました。周囲からも良い上司として慕われていて、その仕事っぷりを評価され、昇進を果たして社長に就任します。
しかし、これまでのように専門の仕事を進めればよい立場から、周りの意見を調整することを求められるようになり苦しみます。
アスペルガーの人は一極集中で専門的な仕事に従事するのは得意な一方で、人間関係などの調整は苦手な傾向があります。Bさんは会議などでも極度に緊張して発言もできず、最終的には慢性的なうつ状態になってしまいました。

子どもにも起こる!? 軽度のアスペルガー

イメージ

Cくんは小学校5年生の男の子。
普段はおとなしい手のかからない子ですが、「友達とまったく遊ばない」という不思議な子です。Cくんと話してみると、どうやら「友達とは遊びたいけど、どうやって声をかけていいのか、一緒に遊べるか不安」という様子。
時には「学校に行くのが怖い」と泣き出してしまうこともありました。 こういうことがあると、
親御さんは「学校が悪いのでは?」「私の育て方が悪かったのかしら?」と思い悩みがち。しかし、これらの原因は、アスペルガーを含む先天的な脳の器質障害が原因となっているケースが多いのです。原因さえ特定できれば症状を改善、治していくことは可能です。

アスペルガーは日本人の脳のセロトニンシステムの特徴と関連しています。
セロトニンには、精神のバランスを整える作用がある物質で、
これが不足することで情緒が不安定になったり、
突然キレてしまうということがあるので要注意です。
そして日本人はセロトニン産出が少ないS型タイプの人が多いのです

そしてセロトニンが少ないと自己肯定感も低くなり、
これが深刻になると先ほどのBさんのようにうつ病に発展してしまうこともあります。
ですから、たとえ今は深刻な状態でないとしても隠れアスペルガーを放っておくことは良くありません。

そこで今回はアスペルガーに関する書籍も複数出版し、
ノースカロライナ大学で自閉症に関する研修も受けた西脇俊二医師と、
自身もアスペルガーとして苦しんだ経験を持ち、
現在は発達障害カウンセラーとして話題を集める吉濱ツトムさん
2名によるオンラインセミナーを開催します!

開催要項
開催要項

今回のセミナーでは、
まず吉濱ツトムさんからアスペルガーに対してどう向き合っていくのか、
そして生き方・対人関係などの具体的な問題を解決していく方法についてお話し頂きます。

セミナー後半では、
吉濱さんも実践しているアスペルガーに有効とされるローカーボの食事法について、
実際に多くの患者に糖質制限を指導している西脇俊二医師から講義して頂く予定です。
糖質はイライラやストレスの原因になっているケースもあり、要注目の内容となっています。

このセミナーを受講された方の感想、感謝の声
受講者の感想
吉濱ツトム プロフィール
西脇俊二 プロフィール
オンラインセミナーに申し込む
このセミナーで得られること

このセミナーでは、アスペルガーや自閉症に苦しんでいる人はもちろん、

こんな方におすすめ

といったことに思い当たることがあれば
この「改善メソッド」はとても役に立つことでしょう。

また、これらの症状はなかなか本人が自覚できないこともありますので、
家族など周りの人間が気づいてあげることが大切です。

ですから、このセミナーは悩んでいる本人が参加しなくても、
家族や知人の方が参加しても価値があるセミナーになります。

こうした症状を放っておくと、本人が苦しみ続けることはもちろんのこと、
周りの人も言動に振り回されてストレスを感じて、身体に不調をもたらすケースもあります。
ですから、このセミナーに出て【原因】をしっかり知ることが大切です。

夫や子どもが人間関係で苦労しているように思える 夫婦間の会話が噛み合わないことが多い パートナーがやたらと細かいことを気にする

こうしたケースの場合も、原因を正しく知り、
正しい会話の方法や応対を覚えることであなたのストレスや負担はとても小さくなります。

このセミナーに出ることで、

アスペルガーや自閉症についての正しい理解が得られる!アスペルガーの治療に携わってきた2名の講師に直接質問できる!

というようなメリットがあります。

もし、あなたが「アスペルガーかも」と思っているなら・・・ もし、あなたが家庭や職場の人間関係に悩んでいるなら・・・ もし、大切な家族や子どもに似たような症状が見られるなら・・・

いきなり病院へいくのは勇気がいることだと思います。

西脇氏のセミナーは毎回人気!

そこまで深刻ではないと思いつつも、
悩んでいることがあるならばぜひ一度、
このセミナーに足を運んで頂きたいと思います。
アスペルガー・自閉症の専門家である2名の講師があなたの悩みに真摯にお答えします。


今の生活の悪循環から抜け出したい

そんなあなたの助けになるはずです。

ぜひ今すぐオンラインセミナーを受講して、
あなたの未来を明るいものにしてください。